美肌、ダイエットに効果大!
「スイカ」の美容効果について|Jサプリ通信館

25

日本の夏の風物詩とも言える「スイカ」。
ひんやりして甘くみずみずしく、暑い夏にぴったりの果物です。

その90%が水分ですが、実は美容効果の高い栄養素がたっぷりと含まれています。

おいしくて美容にも良いとなれば、食べない手はありません。
今回は、今が旬のスイカについてお伝えします。

栄養たっぷり! スイカの美容効果って?

26
スイカ農家で働く女性は、年齢にかかわらず白くて美しい肌の持ち主が多いとか。
スイカには美肌を作る成分がたっぷりと含まれているのです。

シトルリン
スイカから発見されたアミノ酸の一種で、スーパーアミノ酸と呼ばれています。
血流を改善し、体内の余分な水分の排出を促す効果があり、むくみや冷え性の解消につながります。
ターンオーバーを促進するため美肌にも効果が。
筋肉を増強する効果もあり、代謝アップ&ダイエットにも。

リコピン
強力な抗酸化作用を持ち、生活習慣病予防やダイエットに効果があるリコピン。
トマトに含まれることで有名ですが、スイカにも豊富に含まれています。
肌のシワやシミ、たるみなどの原因にもなる活性酸素を除去してくれるので、美肌効果が期待できます。
血流が良くなることで代謝が上がり、ダイエット効果も。

ビタミンC
スイカには美肌作りに欠かせないビタミンCも豊富です。
肌のハリを支えるコラーゲンの生成を促し、シミの原因になるメラニンの生成を抑えます。
ビタミンCにも抗酸化作用があるため、肌のアンチエイジング効果も期待できます。

このほかにも、肌の代謝を整えるβカロチン、むくみ解消に役立つカリウムなどなど、スイカには実に豊富なビタミン、ミネラル、食物繊維が含まれています。

どのぐらい食べてもいい?

27
みずみずしくて暑い時期でも食べやすいスイカ。
その上抜群の美容効果があるとなればどんどん食べたいところですが、スイカには身体を冷やす作用があるので、食べ過ぎには注意が必要です。

平成17年に厚生労働省と農林水産省が定めた「食事バランスガイド」では、果物の1日の摂取量の目安が200グラムとされています。
スイカを含め、果物は1日200グラム程度を目安に食べるようにするのが良さそうです。

身体を冷やす作用があることを考えると、夜に食べるよりは朝に食べるのがおすすめです。

おいしく食べるための選び方と保存方法

28
スーパーや八百屋さんで、まるごと1個のスイカを買う場合には、できるだけ甘くておいしい「当たり」のスイカを買いたいですよね。
そこで注目したいのが、スイカの「皮の模様」と「つるの周辺部分のへこみ」です。

緑と黒の境目がハッキリくっきりとしているもの。
また、つるの周辺部分が深くへこんでいるものほど、良く熟して甘味が強いスイカになります。

スイカは8℃から10℃ぐらいがもっとも美味しく感じると言われます。
冷やしすぎると甘味が感じづらくなるのでおいしさ半減。
保存は冷蔵庫ではなく、風通しの良い涼しいところに置いておき、食べる1時間ほど前に冷蔵庫に入れるのが良いでしょう。

今回の記事からの商品関連ページ

若さを保つのに役立つ活性型コエンザイムQ10