お風呂が与えてくれる3つの健康効果と上手な入浴法|Jサプリ通信館


◆お風呂が与えてくれる3つの健康効果と上手な入浴法

冬になると特にお風呂に入るのが気持ちよくなりますよね。
家によっては追い焚きが出来ないなどの理由でなかなか湯船にまでは入らないという人もいると思いますが、お風呂には3つの素晴らしい健康効果がありますので、ちょっと時間を使ってお風呂を溜めてみませんか?

◆疲労回復の「温熱」

bath

 

もっとも実感しやすい健康効果として、温熱による疲労回復効果があります。
お風呂に入ると体が温められることで血管が広がって血流が良くなります
これにより体内に蓄積されていた老廃物や疲労物質が体外へと除去されやすくなります
体外への除去には汗や尿が使われます。
「お風呂に入るとトイレに行きたくなる」というのは、健康な体に不要なものを体外へと出す働きの一つと言えます。
また風邪を引くと免疫力を上げるために体温が上がりますが、お風呂に入ることで上がった体温でも免疫力が上がります
毎日ゆっくりとお風呂に入ることで、風邪を引きにくい健康な体を維持しやすくなるのです。
湯温は40℃程度がベターです。42℃以上だと交感神経が働くことで疲労回復効果はより強くなりますが、リラックスすることは難しくなりますし、心筋梗塞のリスクを上げてしまいます。

一方で41℃以下では副交感神経が働くことでリラックス状態になり心の疲労回復にも役立ちます。

◆血行促進の「水圧」

ketueki

 

お風呂に入ることで得られる健康効果の一つに血行促進効果があります。
お風呂に入っている間、人の体には「静水圧作用」という影響が働いています。あまり意識しないかもしれませんが、肩まで使っている時にはウエストが3~6cm細くなる水圧を受けています。
この水圧はもちろん肌の下にある血管やリンパにも影響し、足などに溜まっていた血液が心臓に押し戻されていきます
血行促進されることで体の各機能が活発に働くようになるのです。
ただし肩までお風呂につかってしまうと体中の血液が心臓へと集中することになり、この状態が長く続くと体へと負担がかかってしまいますので、健康効果を得るにはみぞおちの深さまでお風呂につかるようにしましょう。

◆緊張をほぐす「浮力」

hi_ca04

 

お風呂に入ることで得られる健康効果、3つ目は緊張をほぐす効果です。
皆さんも普段から実感されているものと思いますが、お風呂に入ると落ち着いた気分になりませんか? これは浮力によって体が軽くなっていき、日常的にかかっている筋肉や関節への負担が軽減され、緊張がほぐれることによるものです。緊張がほぐれると副交感神経が優位になるので、リラックス状態になるんですね。
もちろん浮力だけでなく温熱効果によるものでもありますが、シャワーだけの時と湯船につかる時の違いを思い浮かべてみれば「浮力」が与えているリラックス効果が想像しやすいのではないでしょうか。
リラックス状態ではストレスが解消されていきますので、心の健康にも役立ってくれます。
より浮力を感じるためには肩までつかるのが良いのですが、長くつかっていると水圧によって心臓への負担がかかってしまいますから、肩までつかる時間を作っても良いぐらいに考えておきましょう。

今回の記事からの商品関連ページ

疲れをリフレッシュしたいあなたにコエンザイムQ10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>