臭い!?不快!?汗をかく本当の理由|Jサプリ通信館


いよいよ、夏本番!!

暑い日には、じわ~とたくさん汗かいちゃいますよね。

汗というと、「臭い」「不快」などという印象があります。

しかし、実は汗は私たちの身体にとっては、とても大切な生理現象なのです。

 

体温調節機能

13907921_T3

気温の上昇や運動、カゼの発熱などで体温が高くなった時に発汗は起こります。

汗の水分が皮膚の上で蒸発するときに熱が奪われ(気化熱)、それによって体温を36.5℃前後に保つことが出来るのです。

いわば汗は皮膚の表面での“打ち水”として機能している訳です。

良い汗

dcf91447346365a016f1875891b382a0

人はよく「良い汗かいた」なんて言葉をよく口にします。

では、悪い汗はあるのでしょうか?

体温が上昇すると、血液からミネラル分と水分が汗腺に取り込まれます。

この時身体にとって大切なミネラル分は殆どが血液の中に再吸収され、水分だけが皮膚の表面から出てきます。

これが本来の良い汗”なのです。

良い汗の特徴は、水のようにサラサラしている、舐めても味がしない、ニオイがないなど。

 

悪い汗とは、発汗を促す交感神経の機能や汗腺の機能が鈍り、ミネラル分の再吸収が行われず、水分と一緒に皮膚の上に出ることです。

普段運動をしていない、睡眠不足、ストレス、食生活の乱れ、冷房などにより体温調節があまり汗をかかない生活をしている人に多く見られる現象です。

悪い汗の特徴は、ベトベト、ネバネバしている、舐めるとしょっぱい、ニオイがあるなど。

ミネラルは体の生理機能を円滑にする大切な栄養素です。

それが悪い汗”とともに体外に流出し、不足状態に陥ってしまうと内蔵の機能低下など様々な体調不良をもたらすことになるのです。

いわゆる「夏バテ」とはこうしたことが原因の1つではないか、と考えられています。

 

今年はたくさん良い汗をかいて、夏バテ対策してみませんか?

今回の記事からの商品関連ページ

いつまでも若々しくいたい方に活性型コエンザイムQ10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>