お母さんの本音!必要なのは睡眠と糖分!?|Jサプリ通信館


お母さんの本音!ってなかなか聞けないですよね!?お父さん・・・

現代において、仕事と家事を両立しているお母さんや子供が小さく、家事に育児に大奮闘している新米ママさんも大変だと思います。

でも・・・普段家族にはなかなか言えない・・・。ズバリ!全国のお母さんの本音138人に聞いちゃいました!   グラフ ですよね・・・ 毎日仕事や家事、育児をし、次の日には朝早く起きて、家族のために朝食やお弁当を作る。

これらを毎日、当たり前のようにこなしているわけですから・・・。

ですが、そんな疲れの原因は、仕事や家事や育児だけではないようです。 結果   やはり、仕事と家事を両立しているお母さんが多いことが伺えますね。

次に回答が多かったのは、育児。

そして、ストレス。これは仕事や家事、育児の中でのストレスだと思ったのですが・・・詳細は次の通りです。 声 回答者に共通して言えることは、人間関係ということが伺えます。

そして、それは旦那さんや子供たちには、なかなか気づけない問題の様子。

では、そんなお母さん、どのようにして、その疲れやストレスを解消しているのでしょうか?

多かった回答の中から抜粋してみたいと思います。 声2 寝る、半身浴、甘いものを食べるというこの3つの回答が特に多かったです。

睡眠、リラックスはそのままですが、疲れたら糖分を摂るというのは一体なぜなんでしょうか?

疲れたときに甘いものを欲するのは、脳からの指令だった!?

7   疲れると、なぜか無性に甘い物が食べたくなることがあります。

これは、活動によってエネルギー不足することで起こる体の自然な要求なのだそうです。

私達が、生きるために特に主要なエネルギー源は糖質です。 活動が続くと、疲労が起こります。

これはエネルギー消費によって、グリコーゲン(カキ、エビなどに含まれている多糖類で、エネルギーを貯蔵し人間の活動に欠かせないもの)が不足している状態です。

そこでグリコーゲンに代わって血液中のブドウ糖(血糖)がエネルギー源として使われていくようになります。

すると血糖が不足するため、脳は糖の補給を求めるようになります。

ここで甘い物を食べると、不足したエネルギー源が補給されるために、疲れが取れたりスッキリした感じがします。

これが、疲れると甘い物が欲しくなる仕組みというわけです。

疲れた時に甘いものを食べるのは間違いだった!?

39487f9099e89f5e09832c18bd031fc5   実は、甘い物を食べて疲れがとれるのは一時的で、むしろ甘い物を食べると疲れが倍増することもあるのです。

それは糖質を摂取すると、血糖値が上がり、高くなった血糖値を下げるために、インシュリン(主に炭水化物の代謝を調整するホルモンで、血糖値を一定に保つ働きを持っている)が分泌されます。

そのため、食べる前よりもエネルギー源不足に陥り、余計に疲れが倍増することにつながるのです。

また、低血糖になると、アドレナリンの分泌が高まるため、攻撃的、イライラ、キレやすいといった精神状態に陥りやすくなります。

疲れが取れないだけでなく、糖質の大量摂取とインシュリン分泌を頻繁に繰り返していると、膵臓のインシュリン分泌機能が壊れてしまい、高血糖症、糖尿病を引き起こしやすくなります。

 疲労回復・ストレスに良い食品とは

脂身の少ない赤身肉、豚肉、納豆⇒ビタミンB1とエネルギー源となるたんぱく質が豊富で、疲労回復やストレスに効果があります。

酢、梅干し、柑橘類⇒これらに多く含まれるクエン酸は、筋肉中の疲労物質「乳酸」を分解するはたらきや心の緊張、イライラ感を落ち着かせてくれるので、疲れた時の疲労回復やストレスに効果があります。

 

疲労回復やストレスに良い食品を摂ることも良いですが、何よりも旦那さんや子供たちが、お母さんという存在を理解し、毎日頑張っているお母さんを労わってあげることが、一番のお薬なのではないでしょうか。

今回の記事からの商品関連ページ

お仕事・家事・育児を頑張るお母さんに活性型コエンザイムQ10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>