花粉症と食生活の関連性|Jサプリ通信館


今年もやって参りました、花粉シーズン!

 住んでる都道府県によっては、2月頃からピークを迎えるところもあるようです。

 

花粉症の人は年々増加してきています。
長年の花粉への免疫力が落ち大人になると、発症する人が多かったのですが
今は、幼稚園入学前のお子さまでも花粉症になるお子様もいます。

花粉症・・・みなさんはいつ頃からこの花粉症というものが流行りだしたのか・・・

ご存じでしょうか?

 

それは現代の食生活と深い関連性があるようです・・・。

 

花粉症増加の原因の1つと言われている食生活の変化

images

高度経済成長期を経て、現在の欧米型の食生活が定着してきた時期から、

爆発的に増加しました。

〇ファーストフードや肉食中心の高カロリーな食生活

〇タンパク質の過剰摂取
このように動物性タンパク質が必要以上に多くなることで、異物への反応が過敏になり、

さまざまなアレルギーを起こしやすい体質に変わっていくのです。

食生活の改善

 

uid000003_20140917101248cfa83e4d

 

花粉症に良いとされる食材として、

りんご(りんごに多く含まれる水溶性食物繊維ペクチンに、アレルギー症状の原因物質を減らす効果がある)

ブロッコリー(花粉症の緩和に効果のあるαリノレン酸、アルファリポ酸(αリポ酸)が多く含まれていている)

トマトトマトから抽出さらたカロテノイド(主にリコピン)を継続的に摂取することで、花粉症の自覚症状が改善)

ヨーグルト(腸内細菌のバランスを整える力が、花粉症にも効果がある)

などがあります。

まだ、花粉症ではない方、症状の軽い方、症状の重い方も食生活を改善することで、

アレルギー症状(花粉症)を完全に防ぐというのは難しいことかもしれませんが、

少しでも花粉症を予防・軽減するためにも、食生活を見直すことはとても大切なことなのです。

 

 

今回の記事からの商品関連ページ

腸内環境サポートラフィノースオリゴ

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>