1月の旬の食材〝菜の花〟の栄養価|Jサプリ通信館


新しい年を迎える1月は、ごちそうで胃腸が疲れやすい時でもあります。

外気は下がり、室内で過ごすことが多くなりがちで、運動不足も手伝い体に脂肪がたまりやすくなります。

images

 

苦みのある野菜を取ることで体内を浄化し、高たんぱくで低脂肪の食材を上手に取り、体力を保ち免疫力の強化に努めましょう。

 

■菜の花類に含まれる栄養成分と効用

nanohana

菜の花やアスパラ菜などにはβカロテンが豊富に含まれています。

β-カロテンは抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換されます。

◎髪の健康維持

◎視力維持

◎粘膜や皮膚の健康維持

◎喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。

 

また、カリウム、カルシウムをはじめ、マグネシウムやりん、鉄などのミネラルも豊富に含んでいます。

ミネラルは骨を生成する上で欠かせない成分で、骨を丈夫にし、健康を維持します。

さらに、ビタミンも豊富に含んでいます。

ビタミンCは、ほうれん草の4倍近くも含みます。

ビタミンCはコラーゲンの生成を助けます。

これにより

◎シミやシワの改善

◎肌の若返り

◎美白効果があります。

苦み成分のアリルイソチオシアネートは

◎ガン予防

◎血栓防止に働きます。

食物繊維も多く含むので便秘解消にも良い働きをします。

菜の花は、とっても栄養価の高い緑黄色野菜なのです。

◇効果的な調理方法◇

苦みがあるので、さっと茹でましょう。

茹で過ぎると、ビタミン類が流失してしまうので注意が必要です。

茎の切り口に近い部分は固いので、2~3cm切り落として使うといいです。

苦みをやわらげるには、油で炒めても良いし、グラタンなどに入れても苦みは和らぎます。

おすすめは、菜の花の天ぷらです。

103c1ebbd1557f16a3bba35670d2c23a

※菜の花は油で揚げることでカロテンの吸収が高まり、苦みも和らぎます。

 

今回の記事からの商品関連ページ

若々しく、健康でいたいあなたに活性型コエンザイムQ10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>