古くて新しい健康食品「TOFU」|Jサプリ通信館


畑の肉といわれる大豆のみで作られる「豆腐」は、健康食品として有名ですよね。

古くから豆腐は、精進料理として食べられており、長寿食と言われてきました。

しかし最近ではタンパク質や脂質が多く含まれているだけではなく、ミネラルやビタミンを含んだ機能性食品として注目されています。

※機能性食品とは?

機能性食品とは、食品にもともと存在する下記の機能を人工的に抽出・強化し健康維持・病気予防を目的として科学的に作られた食品をいいます。

1 生命の維持に不可欠なエネルギー供給源→栄養機能

2 美味しさを満足させる→感覚機能  

3 生理機能を調節し、健康維持や健康回復効果→生体調節機能  

世界で通用する言葉「TOFU」

1f02f411cf025aad163e96e6abbfa402   豆腐には、良質なタンパク質だけでなく、各成分が相互に関連したり補ったりすることで、相乗効果を発揮するという面があり、ガンや高血圧・動脈硬化・心臓病・糖尿病、成人病、肥満などなど、これらの発症の抑制や回復、また健康維持に有効だと言われています。

更に豆腐は、お肉が中心の食生活である欧米などでも、その効果に関心が高まり、今や「TOFU」の名は、世界で通用する言葉となっているほどです。

  まさに豆腐は古くて新しい「健康食品」と言えますね。

健康食・美容食・長寿食として、これからの時期「湯豆腐」にして食べるのもいいですね♪

皆さんも積極的取り入れてみてはいかがですか?

今回の記事からの商品関連ページ

若々しく、健康でいたいあなたに活性型コエンザイムQ10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>