暑い夏は特に注意。
多くの肌トラブルを招く「汗」|Jサプリ通信館


 

夏の暑さも本格的になってきて、汗の量もどんどん増える季節になりましたね。

汗をかくことは体温調節という大事な役割を担っているので、健康維持のために欠かせない現象といえます。
しかし、汗は肌へさまざまな悪影響を与える可能性があります。

汗をかいた後に正しいケアが出来ていないと、さまざまな肌トラブルを招く原因になるのです。

汗が肌にもたらす悪影響

30
・肌が弱くなる
汗をかいたまま放置しておくと、肌は水分を吸収してふやけてしまいます。さらに汗の成分により肌全体がアルカリ性にかたむいてしまうので、刺激にも敏感になっていきます。
つまり角質層が柔らかく繊細な状態なので、些細なことで傷つきやすく、角質も剥がれやすくなっているのです。

・乾燥肌につながる
汗は放っておくと冷えて蒸発していき、その時に肌本来の水分も一緒に奪われてしまうのです。
どんどん水分が蒸発して内側はカラカラなのに表面は汗で湿っているので、なかなか乾燥に気付かないのが夏のスキンケアの難しいところです。
水分が足りなくなった肌はかたくなっていき、ザラつきや毛穴の黒ずみなどの肌トラブルを引き起こしてしまう原因になります。

また、水分の蒸発を止めるために身体は過剰な皮脂を分泌します。
これが夏のテカリ肌をつくります。
こうしてニキビや吹き出物、あせもなどができやすい肌環境になっていくのです。

これらの状態が悪化すると、炎症などを起こして肌がボロボロになってしまいます。

汗による肌トラブルを防ぐ方法

31
先ほど話した通り汗は放置することでさまざまな肌トラブルを招きます。
そのため、夏は汗をかくたびにこまめなお手入れをする必要があるのです。

・汗をかいたら早めに拭く
汗をかいたままにしておくと、角質層が水分を吸収してしまいます。
汗をかいたら、なるべく早く拭きとる必要があります。
しかし、汗の拭きとり方が荒いと逆に肌を傷つけてしまうので注意してください。
肌乾燥・肌荒れなどのトラブルを防ぐためには決してゴシゴシ擦らず、やわらかい素材のタオルなどでやさしく押さえるようにして拭き取りましょう。

・汗をはじくバリアをつくる
肌はもともと水分を維持するために天然の皮脂膜を作っています。
そのおかげで、肌に汗がたまらず外に流れてくるようになっているのです。
しかし、汗でふやけてしまった肌は角質層が弱くなり皮脂膜をしっかり作れなくなるので、結果汗が肌の中に留まりやすくなってしまいます。
汗をたくさんかいたときは少なくなった皮脂膜を補うために、油分のあるクリームなどで肌のバリアを作ってあげましょう。

・寝起きの汗はホットタオルで
暑い日は起きた瞬間から汗びっしょり、なんてこともありますよね。
こんな時はシャワーを浴びてさっぱりしてから身支度をしたいところ。
でも、シャワーで身体が温まったことにより逆に汗が噴き出してしまい、なかなかメイクができなかったりします。
寝起きのベタベタ解消には、ホットタオルがおすすめです。
首や鎖骨、わきの下、足の指の股など、特に汗が気になる部分を拭くだけでもかなりさっぱりした気分になります。
どうしても汗が引かない場合は、首の後ろなどを保冷剤などで冷やすと効果的です。

32

肌の乾燥対策は、実は夏が一番重要です。

何故なら夏の間にインナードライ(内側の水分が足りない)状態をつくってしまうと、さらに乾燥しやすい気候である秋になった時に急激に悪化してしまうからです。

夏はただでさえ紫外線や冷房などで肌が弱る時期です。
肌トラブルの大きな原因である汗の対策は、今からしっかりとしておきましょう。

今回の記事からの商品関連ページ

若さを保つのに役立つ活性型コエンザイムQ10

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>