子育て疲れを解消しよう!|Jサプリ通信館


子育て疲れを生む世間の現状

若い人でも高齢出産のママでも、専業主婦でもワーキングマザーでも、育児疲れはあります。

子育てに疲れ、悩んでいる方は、「子育ては誰だって疲れるものだ」ということを忘れずに。
いまの世間はせちがらく、やれ「ベビーカーで電車に乗るな」とか、「飛行機に赤ちゃんを乗せるな」とか、「いまのママは甘やかされている」とか、とかくママと赤ちゃんに厳しい意見も多いですが、真に受けて申し訳なく思う必要はありません。

ここでは、子育てで感じる疲れの解消法をお伝えします。
ストレスと疲れを上手に解消して楽しくハッピーな子育ての毎日を過ごしましょう。

育児疲れの解消法:赤ちゃんと一緒に寝て睡眠不足を解消!

08

赤ちゃん時の子育てで感じる疲労の原因の多くは睡眠不足による場合が多いです。

昼夜関係なしに授乳しなければいけない時期は、赤ちゃんの生活リズムに合わせて寝てしまっても大丈夫。
赤ちゃんが眠っている昼間の時間にいろんなことをやろうとして睡眠不足になってしまうことが、赤ちゃんの時期の子育て疲れの原因になってしまうのです。
産後の女性の身体はちょっと寝るだけで回復するようになっています。

赤ちゃんと一緒に眠るくらいの気持ちでいきましょう。
授乳期には極端に眠くなることがありますが、これは母体を休ませようとする女性ホルモンの影響によるものです。
異常な眠気を感じても、それは子育ての疲れではなくママの身体の仕組みだと理解して、遠慮無く眠るようにしましょう。
赤ちゃんと同じリズムで眠って体力をキープするのもママの役割なのです。

育児疲れの解消法:スキンシップでストレス解消!

07
赤ちゃんにとってママとのスキンシップは大事なもの。

そして、ママにとっても赤ちゃんの肌に触れることは大事なのです。
乳児期にはベビーマッサージなどが薦められていますが、これは必ずしも赤ちゃんのためだけではありません。
スキンシップにはストレスホルモンを減らす効果があるのです。
しっかりしたメニューどおりのベビーマッサージではなくても、赤ちゃんのすべすべした肌を撫でてあげるだけでも効果はあります。
気持ち良くて愛しくて、ストレスなんか吹き飛んでしまいそうです。

赤ちゃんとの絆が深まり、同時にストレスも解消できる。
育児疲れの解消法としてかなりおすすめです。

育児疲れの解消法:思い通りにならないことは割り切る

赤ちゃんは絶対に思い通りになりません。

ママの都合や時間に関係なく泣いたり、お腹が空いたり。
思い通りにしようと思うとストレスが溜まり子育てに疲れてしまいます。
これはもう、そういうものであるということを理解して割り切りましょう。

この割り切りがうまく行かずエスカレートしてしまうと、最悪の場合、幼児虐待などにつながってしまうこともあります。
しょうがないことを気にしてママがイライラしてしまっては、結局赤ちゃんのためになりません。

育児疲れの解消法:赤ちゃんを預けてもいい

「育児では〇〇してはいけない」という思い込みや圧力は、子育ての疲れを加速させます。

疲れやストレスでママがイライラしていたら、それは赤ちゃんのためにも良いことではありません。
いっそのこと、赤ちゃんをどこかに預けてリフレッシュ休暇をおすすめします。
子育てだって休んでいいんです。
預ける先は実家筋でもパートナーでも託児サービスでもかまいません。
ママ自身が育児疲れを上手に癒してリラックスした状態でいることが、赤ちゃんのために大事なことなのです。

ただし、いいかげんな託児サービスでは、いろいろなトラブルも報告されています。
預ける先はちゃんとしたところを選びましょう。

育児疲れを解消して、明るいママでいよう

09
理想とする育児法や育児はこうあるべきという圧力がありますが、世界を見ればけっこうおおらかな環境で子どもは育っています。
「古き良き日本の育児環境」だってけっこう野放図な部分もあります。

ママが育児で疲れてしまっては、元も子もありません。
赤ちゃんのためにも、疲れやストレスを溜め込まないように、ちょっとずつ解消していきましょう。

今回の記事からの商品関連ページ

子育てママ応援!活性型コエンザイムQ10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>