こどもの日に食べるのはどっち?|Jサプリ通信館

lgf01a201401251800

「子どもの日」と聞いて、あなたはどんな食べ物を思い浮かびますか?              

「柏餅」を思い浮かべる人もいますし、「ちまき」を思い浮かべる人もいるでしょう。      

これは関東と関西での文化の違いからくるものです。

 関東→柏餅  関西→ちまきをこどもの日に食べます。

 

なぜ?柏餅やちまきを食べるのか?

 

そこには、昔の人が込めた願いや想いといったものがあります。

 

『柏 餅』→柏は神聖な木。

新芽が出るまで葉が落ちないという特性から「子孫繁栄」の意味が込められています。

kashiwa3shu450-06

 

 

『ちまき』→「ちまき」は平安時代に中国から伝わってきます。

中国では古くからの伝説に、ちまきが「邪気払い厄払い」の力があるとされていました。 

  nam_chimaki

 

柏餅・ちまきの栄養素

 

柏餅ちまきには、糖質・ナトリウム・カリウム・リンが多く含まれています。                         

糖質→組織のエネルギー源、筋肉グリコーゲン(筋肉に蓄えられる糖)として蓄えられます。 

ナトリウム・カリウム→細胞の浸透圧、水分調節、体液のph、神経の刺激伝達、心筋の弛緩を促します。     

                           

※過剰摂取をすると、高血圧や動脈硬化等の生活習慣病につながることがあります。

 

今回の記事からの商品関連ページ

 

若々しく、健康でいたいあなたに活性型コエンザイムQ10