寒暖の差と強い春風が乾燥肌を引き起こす|Jサプリ通信館

siwasiwa

冬だけじゃない! 初夏の乾燥肌を予防しよう

ポカポカと日差しが暖かくなってくる初夏は、寒い冬に比べて心も身体も元気になってくる季節ですよね。
でも、お肌にとってはまだまだ油断できない季節です。
「冷たく乾いた空気の冬が過ぎ去って、乾燥肌の予防はもう必要ない」なんて思っているとしたら今すぐ考えを改めましょう。
初夏はまだまだ乾燥肌になりやすい季節なのです。
夏に向けたのスキンケアはしっかりと乾燥肌予防することが大切です。

寒暖の差と強い春風が乾燥肌を引き起こす

Young beautiful woman scratching her self.
初夏の乾燥肌は、なぜ起きてしまうのでしょうか。

桜の咲く頃の寒さを表現する「花冷え」という言葉があるように、暖かいと思っていたら急に冷え込んだりと、初夏は日によって寒暖の差が激しい季節です。

また、「昼間は暖かかったけど、夜になってぐっと寒くなった」というように一日の中でも寒暖の差がかなりあります。
肌表面の温度が上がっている状態で急激に寒くなると、肌の水分が奪われやすくなってしまいます。

また、初夏は風が強い季節でもあります。
冬の冷たいからっ風と比べると暖かい風なので油断しがちですが、実は春になっても湿度は冬とあまり変わりません。春風にさらされることによって、お肌の水分はさらに奪われやすくなり、乾燥肌が引き起こされやすいのです。

乾燥以外にも、初夏は肌ストレスがいっぱい

kspRQ
寒暖の差や強い春風が原因で乾燥肌が引き起こされる以外にも、初夏は肌トラブルを引き起こす要因がいろいろと多い季節です。

生活や環境の変化によりホルモンバランスが乱れることも多いですし、強い春風に乗って飛ばされてきた花粉や砂ぼこりなどが肌に付着することも増えます。

冬の間にメラニン色素が減っている状態なのに、紫外線が増えてくる季節でもあります。

健康な状態の肌であれば多少の刺激や肌ストレスは受け流せますが、乾燥肌だとバリア機能が低下しているため、ダメージを受けやすくなってしまうのです。

初夏の乾燥肌を予防するには?

EFBCB3EFBCB0E3839CE383BCE38386E381A7E7BE8EE8828C
さまざまな肌トラブルの原因にもなる、初夏の乾燥肌を予防するために有効な方法をお伝えします。

・初夏の乾燥肌予防① 冬と同様のうるおいケアを!
春になって暖かくなってくると、冬の間使っていた「しっとりタイプ」のコスメから、「さっぱりタイプ」に切り替えたくなるものですよね。
でも、春先は切り替えるにはまだ時期が早いとおぼえておきましょう。

やさしく、でもしっかりと洗顔して、風に乗ってきて付着したほこりや花粉などの汚れをきれいに洗い流したあとは、たっぷりの化粧水をつけて水分補給。
その後、美容液や乳液、クリームなどでしっかりと保湿するようにしましょう。

・初夏の乾燥肌予防② 紫外線対策も忘れずに
紫外線を浴びると肌のバリア機能は低下します。そうすると水分が蒸散しやすくなり、さらに乾燥が進んでしまうので、紫外線対策はしっかりと行う必要があります。
日焼け止めやUVカットの小物などで紫外線から肌を守りましょう。

・初夏の乾燥肌予防③ 乾燥肌に効く栄養素を摂ろう
肌に良い栄養素はいろいろありますが、中でも乾燥肌に良いとされているのは、ビタミンA、B、C、E、セラミド、α-リノレン酸、亜鉛などになります。
これらの栄養素をバランスよく摂る食事を心がけましょう。

しっかりと乾燥肌予防をして、トラブル知らずの肌を保っていきましょう。

今回の記事からの商品関連ページ

体の内側からのケアサポートに活性型コエンザイムQ10