マスクの美容健康効果|Jサプリ通信館

87d7c4037b4e15bfd7a0a6aadd3d02bc
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

◆マスクの美容健康効果

マスクは手軽に身につけられる衛生グッズですが、美容と健康にも効果が期待できます。

手軽ですし、意識してマスクを身に付けると効果もアップしますので、生活に取り入れてみてはいかがでしょう。

◆マスクの美容健康効果:保湿

oyasumi_mask07
マスクをしていると呼吸が楽になることがありますよね。

これは適度な湿度を保てているからなのです。
肌の乾燥は美容の敵です。
肌の水分を奪うのは乾燥した空気と風です。
冬の乾燥した冷たい風は、肌に二つのダメージを同時に与えるのです。
マスクをしているとこのふたつを同時に防ぐことができます。肌の美容も健康も一気に楽できます。
寝るときにつけると喉の乾燥対策にも有効ですね。

◆マスクの美容健康効果:保温

uvoffmodel

 

マスクをしていると、冷たい空気を直接吸い込まなくて良くなります。実際、やや暖かく感じますよね。
鼻の奥には毛細血管と神経が集まっている部分があり、この部分に冷たい外気がぶつかると血液の温度が急降下し、体感温度が下がって寒く感じるというわけなのです。
マスクをしていれば、実際よりも若干温かく思えるのです。

◆マスクの美容健康効果:スキンケア

o0640048012254951790
マスクが美容と健康の助けになるとはいえ、顔に直接つけるものなので、擦れたり圧迫されたりしたら、肌に良いとばかりも言ってられません。
使い捨ての不織布マスクは衛生的なのでおすすめなのですが、やや硬い肌触りです。
マスクと顔の間にガーゼやシルクなどの柔らかい布を一枚重ねると、擦れによる肌のダメージを和らげることができます。
また保湿と保温の効果がマスクにはありますが、あらかじめリップクリームや保湿クリーム、保湿機能のある化粧水を塗っておくと美容効果アップです。

◆マスクの美容健康効果:スキンケア

1180_003484_m_R

 

ウイルスや細菌を含んだ飛沫を飛び散らさない、吸い込まない。マスクの本来の機能です。
健康効果といえばまずこれが一番大きいです。
とくに、自分が病気だけど外出しないといけない場合、誰かに病気を感染させてしまう可能性を大きく下げます。
自分が感染してしまう可能性に関してはあまり効果は期待できず、うがい手洗いのほうが有効です。
日本ではマスクをして外出することは珍しくないのですが、外国の場合だと反対になります。
マスクをしている人はなんらかの感染性のキャリアだと思われる事が多いのです。
ですから、外国人相手のときはマスクは外したほうが無難です。
美容のためにしていても、それで相手に不健康だと敬遠されてしまっては逆効果になってしまいます。
マスクにもTPOをわきまえた装いという部分があるのです。

今回の記事からの商品関連ページ

体の内側から美しくなりましょう「活性型コエンザイムQ10」