9月病って!?|Jサプリ通信館

subBanner-021

夏休みも終わり、気分転換して充電できているから、この時期はみんな元気いっぱい!

仕事も身が入って能率もバッチリ、と思いたくなりますが、実はその反対なのです。

ストレスのかかりやすい世の中の流れと、季節の変わり目の急激な温度の変化もあり、体がついていけず、身体がだるく疲れやすくなります。

9月病とは、夏休み(長期休暇)後に起こる症状なのです。

 

9月病の症状

WS000001-1024x656

無力感、疲労感、頭痛、腹痛、消化不良、筋肉痛、不眠症、うつ症状などがあらわれ、かなり深刻になる人もいます。

つまり「うつ症状」が主な症状です。

予防対策

2012-09-21-132042

精神的な疲労が原因なので、予防策としては、自分の好きなことをしながら過ごす。

(美味しいものを食べる、映画を観に行く、お買い物をする、読書をするなど)

ストレスをためないよう心がけるのが良いでしょう。

ストレスと向き合う

0810081

 

☆ストレスを前向きにとらえよう
 (悪い面ばかりでなくよい面を考える。試練を自分が成長できるチャンスととらえる)

☆完ぺき主義は捨てよう
 (うまくいかなくてもいい、失敗は成功のもとと考える。 )

☆自分を客観的に観察
 (冷静に自分を見つめることも必要。自分のストレス状態をきちんと把握できれば、ストレスをため込む前に対処が可能)

☆できないことはできないと言おう
 (無理に頑張らない、何もかも自分一人でやろうとしないで人に助けてもらう、時には逃げ出すことも必要。)

☆自分に合ったストレス解消法を
 (入浴、森林浴、ガーデニング、ハイキング、ペットを飼う、旅行、スポーツ、音楽、趣味など。)

 

今回の記事からの商品関連ページ

毎日を元気に過ごしたいあなたに活性型コエンザイムQ10